ギフト券買取サイトの利用は違法?注意すべき2つのポイント!

当サイトではAmazonギフト券買取サイトを紹介していますが、そもそもギフト券買取サイトを利用することは違法なのでは?といった疑問が沸くと思います。

もしギフト券の換金が違法なのであれば、さすがに利用したくないですよね。

結論から伝えますと、Amazonギフト券を買い取ってもらうことは違法ではありません!

しかし、いくつかの注意点がありますので、今日はそのあたりを見ていきましょう。

Amazonの規約

Amazon公式サイトのギフト券細則を確認すると「ギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで使用することはできません。」と表記されています。

すなわち、ギフト券を換金する行為はAmazon側の規約に違反してしまいます。
しかし、これはあくまでもAmazonの規約であり法律ではないので、法に触れるといったことはありません。

注意する点として、もし悪質なギフト券買取サイトにビックリするほど低価格で買い取られてしまった場合、当然Amazon側に泣きついても対応してくれないので、買取サイトはしっかりと選定してギフト券買取ネット買取ボブといった優良店のみを利用しましょう。

クレジット会社の規約

ずばり、Amazonギフト券を換金する人のほとんどがクレジットカード現金化が目的でしょう。

Amazonギフト券をクレジットカードで購入すること自体は、もちろん問題ない行為です。

しかしながら、そのギフト券の購入がショッピング枠の現金化目的であるとクレジット会社に判断された場合は、規約に基づきカードの利用停止等を受けてしまう場合があります。
さらに重い処分となると、強制解約、支払残高の一括弁済というパターンもあるようです。

各クレジット会社により判断は異なると思いますが、キャッシング枠を使い切っている状態でショッピング枠を使ってギフト券など換金性が高いものを購入すると、目を付けられる傾向にあるようです。

また、ショッピング枠で一度に大量のギフト券を購入した場合もクレジット会社から連絡が来る可能性が高くなります。

まとめ

Amazonギフト券の換金は違法ではないので安心してOKですが、Amazonの規約やクレジット会社の規約には注意する必要があります。

特にクレジット会社の規約には注意が必要で、ショッピング枠の現金化が目的と判断されていまうとクレジットカードの利用停止等を受けてしまいます。
クレジット会社に目を付けられる行為(一度に大量のギフト券購入など)は控えつつ、上手にギフト券買取サイトを利用しましょう。