「AQ」「WA」から始まるAmazonギフトコードを買い取ってもらえない理由とは?

以前より、いくつかの買取サイトで「AQ」「WA」から始まるAmazonギフトコードは買取を行わないとのお知らせを出しています。

そもそも「AQ」「WA」から始まるAmazonギフトコードとは?そしてなぜ買取を断られるのか?
本日はその辺りについて見ていこうと思います。

「AQ」「WA」から始まるAmazonギフトコードとは?

まず「AQ」から始まるコードは、コンビニで売られているカードタイプのAmazonギフト券です。

そして「WA」から始まるコードは、同じくコンビニで売られているAmazonギフト券ですが、こちらはロッピーなどの端末で金額等を選択して、その後レジで料金を支払うシートタイプになります。

「AQ」「WA」ともに、カードタイプとシートタイプという違いはありますが、どちらもコンビニで購入できるAmazonギフト券ということになりますね。

【対象のAmazonギフトコード形式】
AQ○○-○○○○○○-○○○○○
WA○○-○○○○○○-○○○○○

なぜ買取を断られるのか?

理由としていくつか考えられますが、最も大きな理由として、ここ最近よく話題に上がる特殊詐欺に利用される率が高いためかと思われます。

例えばアダルトサイトの架空請求などで、料金をAmazonギフト券で支払うよう請求されます。
詐欺グループは、銀行口座に比べギフト券のほうが足がつきにくいという理由から、ここ最近で頻繁に利用されている模様です。
そして、その場合の大半がコンビニでAmazonギフト券を購入させる手口となっています。

また、買取サイトを利用する一般人のほとんどがクレジットカードのキャッシング枠現金化、もしくは携帯キャリア決済の現金化が目的です。
しかしコンビニの場合、Amazonギフト券は基本的に現金でしか購入できません。

上記の理由から、コンビニで現金購入したAmazonギフト券を買取サイトで売却する、といった行為はとても不自然であり、結果としてコンビニで購入したAmazonギフト券の買い取りはトラブルが含まれる可能性が高い傾向となります。

もちろん、AmazonでショッピングををするためにコンビニでAmazonギフト券を購入したが結局使わなかった、もしくはプレゼントで知人からもらった、というパターンもあるでしょう。
ただし、これらのパターンはクレジットキャッシング枠の現金化に比べると圧倒的に少数派です。

このような理由から、買取サイト側はリスクの高い「AQ」「WA」から始まるAmazonギフトの買取を中止していると思われます。