Amazonギフト券をお得に購入しよう!おすすめ売買サイト3選!

当サイトではAmazonギフト券買取サイトの記事が中心ですが、今回はAmazonギフト券の購入について見ていこうと思います。

Amazonギフト券を定価より安く入手する主な手段として、「Amazonギフト券の売買サイト」が挙げられます。

ギフト券売買サイトは「メルカリ」などと同じように、ユーザー同士がギフト券を売ったり買ったりする取引の場であり、売買サイト自体はその仲介をするといった立ち位置になります。

出品されているギフト券はどれも本来の額面より安いので、売買サイトでギフト券を購入してからAmazonでショッピングをすれば毎回割引価格で買い物ができることになりますね!

おすすめのAmazonギフト券売買サイト

売買サイトはネット上に多数ありますが、その中でもおすすめの売買サイトを紹介します。

ベテルギフト

Amazonギフト券の他にも20種類以上のギフト券を取り扱っている大手の売買サイトです。
ベテルギフトはとにかくギフト券の出品数が多く、現在最もお得なギフト券が入手しやすいサイトといえるでしょう。
売買手数料も無料なので気軽に利用できるといった点も魅力ですね。
また、「不正ギフト券の30日間返金保証」、「24時間の電話対応」など、サポート面も非常に優秀です。
近々でギフト券の購入予定がない方も、「これは!」と思うギフト券を見つけた際、スムーズに購入できるよう会員登録だけでもしておきましょう。

電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】

アマテン

アマテンはギフト券売買サイトの中でも一番知名度が高く、最も規模が大きい売買サイトです。
ギフト券の出品に関しては取引成立時の手数料が割高であるといった難点がありますが、購入に関しては一切手数料がありませんので安心してください。
また、業界最大手というだけあり安定した出品数を誇ります。
出品リストを見ているとギフト券の移り変わりが非常に速いので利用ユーザー数も多そうですね。
各ギフト券売買サイトを定期的にチェックしてお得なギフト券を発掘する際、アマテンは是非とも巡回リストに入れておきたいサイトです。

電子ギフト券個人売買サイト「アマテン」

ギフト券取引所

割と最近設立されたAmazonギフト券に特化した売買サイトです。
出品数に波がありますが、時としてあり得ないほど低価格なギフト券が出品されていることもあります。
購入の流れもシンプルで分かりやすいので初心者にもおすすめです。

Amazonギフト券をお得に!「ギフト券買取ネット」

購入したAmazonギフト券が使えなかった場合

定価より安く購入できるAmazonギフト券売買サイトですが、稀に購入したギフト券が使用済みであったり無効の場合があります。

もし、購入したギフト券が使用済みだったり無効なギフト券であることが分かったら、直ちに売買サイトの購入済み画面で「エラー報告」のボタンをクリックしましょう。

上記で紹介した売買サイトは、購入してから30分以内にエラー報告ボタンを押下すれば取引が保留されます。
その後、出品者とBBSでやり取りを行い、出品者が対象のギフト券を出品取り消しとすれば保留された代金が戻ってきます。

30分以内に「取引完了」ボタンをクリックしたり、何もクリックせず30分が経過すると取引完了となり出品者に代金が支払われます。
取引完了後にギフト券が無効であったことを主張しても解決が困難になるので、ギフト券購入後は必ず30分以内に自身のアカウントへギフトコードを登録してギフト券の有効性を確認しましょう。

まとめ

よくAmazonでお買い物をする方は、売買サイトで格安のギフト券を入手することにより割引価格でAmazonの商品を購入できることになるので非常にお得かと思います。

今回紹介した3つの売買サイトを定期的にチェックするだけでも、かなり美味しいギフト券を見つけることができるはずです。

プライムデーも近づいていますので、ギフト券売買サイトを上手に利用して素敵なAmazonショッピングライフを送って頂けると幸いです。